国指定重要無形民俗文化財になりました!

400周年を迎える本年、小倉祇園太鼓は3月28日付の官報で

国の重要無形民俗文化財に指定されました!

太鼓芸が国の重文に選ばれたのは、初めてのことだそうです。

文化庁の答申によりますと、

「祭礼行事が歴史的変遷の中で太鼓芸を中心としたものに発展した希有な事例」とされ、
太鼓の両面打ちやリズムなどに「芸態上の特色を有」しており、
「個人の創作性を重んじる創作太鼓とは一線を画するもの」と評されました。
また、「歩きながら太鼓演奏を円滑にするための工夫が施された太鼓山車」も評価されたようです。
小倉祇園太鼓に携わる者として大変名誉なことです。
関東無法松会は、太鼓芸の伝統を守りながらより多くの方に
小倉祇園太鼓を知っていただけるようより一層練習や公演に励みます。
何卒ご声援をよろしくお願い致します!

小倉祇園太鼓 関東無法松会

「小倉祇園太鼓 関東無法松会」公式ホームページ 2016/08/26 リニューアル!